セミナー・勉強会

四国4県オンライン

【若手・中堅社員対象研修】伝わる資料の作り方 -デザインの基本-

お客様への提案資料や稟議書など、日々の資料作りでお困りのことはありませんか?

資料は「デザイン」を使えば、効果的に分かりやすく生まれ変わります。

デザインと言うとセンスと思われがちで、「自分はセンスがないからデザインなんて出来ない・・」と思われるかもしれませんが、デザインはセンスではなく誰でも使うことが出来る「ルール」です。一度知れば今後の資料作りが劇的に変わる “一生もののルール” を1時間半でお伝えさせていただきます。

 

 

セミナー詳細

開催 2022年6月8日(水)15:30~17:00
形式 オンライン ZOOM
定員 30名程度
受講料 5,500円(税込・教材費込み)
申込〆切 2022年6月3日(金)17:15

 

講師

橋本 寛子

橋本 寛子

株式会社HMHK 代表取締役

 

東京都出身。三井物産株式会社にて輸送用船舶の売買・投資事業に約10 年間従事。京都に移住後、京都大学にて、職員として研究者向け研修立案を行う際に著名研究者からデザインについて学び、現在は高知で資料デザインのコンサルティング業務、セミナー講師を行う。

 

プログラム

1.良い資料とは?

伝わる資料に必要なものは「メッセージ」

2.なぜデザインが必要なのか?

見た目ではなく、内容をみてもらうためにデザインのルールを活用する

3.すぐに使えるデザインの基本ルール

  • サイズは重要度を表す
  • 効果的な色の使い方
  • フォントの種類・選び方
  • レイアウト 余白が読みやすさを決める

 

 

受講者様の声

  • 目からうろこの連続でした。少しの工夫で資料がより分かりやすく、見やすく、伝わりやすい資料になることを実感できました。
  • 本当に身になる講座で、とても楽しく、即効性のある講座でした。早速活用することが出来ました。

 

お申し込み

お申し込みは終了しました。

掲載日:2022/01/05(水)