このページの本文へ移動

入社3年目までに必ず受講させたい 若手社員研修特集

採用担当者・人事担当者の皆様は、新入社員の配属にあたり「配属した職場で頼りにされる存在に育ってほしい」と願い、そのためにはどんな研修をしたらよいのか思案されていらっしゃることと思います。

アビリティーセンターは、毎年の改良により練り上げた質の高いプログラムと登壇実績豊富な講師陣により、職場定着をご支援したいと考えています。

アビリティーセンターでは「できる若手社員の教科書」をはじめとした自社オリジナルコンテンツに加え
研修実施企業には受講後に「その後どうですか?」と受講者の皆様の職場定着についてお伺いをしております。

講者アンケートについても年度ごとに全体傾向を分析し、プログラムを改良しています。

その上で3年目までの社員に受講していただきたい必須コンテンツをご紹介します

Timeline 入社3年目までのタイムライン

オンボーディングのための必要なコンテンツが網羅されており
研修後も自己学習ができる仕組みがあります

Training Program ‘‘頼りになる‘‘存在になる研修内容

入社時

新入社員研修

学生から社会人へのマインドセット、組織で活躍するために必要な社会人基礎力から、ビジネスマナー、報連相など、入社時に必要な内容をしっかり身につけます。新入社員が不安を感じやすい電話応対や名刺交換などは、実践的なトレーニングで自信をつけます。また、研修内で実施できなかった内容は後日動画で学ぶことができます。

半年後

入社半年後研修

それぞれの職場に配属された新入社員たちがもう一度集合する機会は重要です。入社からこれまでを振り返り、悩みを共有したり、お互いの成長を実感することはこれからの成長を加速させます。研修では、フレームワークを使った振り返りで論理的思考を身につけ、ビジネスパーソンに必須のコミュニケーション力を強化します。

ヒューマンスキルを磨き職場の頼りになる存在になることで
3年目の壁を乗り越えるための研修

1年後2年後3年後

各企業・受講者にあわせてご提供

プレゼンテーション力

相手に行動を起こしてもらうために必要な「信頼を築く話の聴き方」「伝わる話し方」を、講師のフィードバックを受けながら実践的にトレーニングします。

主体的に働く力

「言われたことをやる」と「主体的に働く」の違いを理解し、仕事へのモチベーションを高め、職場で頼りにされる存在になることを目指します。

自律的なキャリア形成

環境の変化に対応しながら自分らしいキャリアを描くことができるよう、自分の強み・持ち味を客観的に把握することで自己理解を促進します。

後輩育成

後輩が職場に慣れ、仕事に取り組めるように、先輩社員として指導・支援するためのコミュニケーションの取り方、後輩との向き合い方を学びます。

Message 担当者より

田中 恵子アビリティーセンター株式会社
企業研修グループ

‘‘これからの時代を担う
若手育成に貢献したい‘‘

入社時の研修だけでは長く活躍できる人材は育ちません。変化の激しい現代社会においては、仕事をしながら「学ぶこと」を継続することが必要であり、その土台を作る若手社員研修の重要性はますます高まっています。

長年、新入社員研修に登壇する中で、若手のうちに特に身につけていただきたいと思うのはヒューマンスキルです。周囲と円滑な人間関係を築き、発信力をつけ、主体的に働くことができる人材に成長することを願い、プログラムを開発しました。各企業・受講者に合わせてご提供することで、これからの時代を担う若手の育成に貢献したいと考えています。